不眠症の治し方

布団に入る時の今日もまた眠れないかもしれないという恐怖・・・

よく日本人の5人に1人は睡眠になんらかの問題を抱えていると言われていますが、
専門治療までは必要がないものの、一時的な不眠の症状が続いていたり、そもそも不眠の症状自体を軽視している人も含めると
実際にはもっと多くの人が睡眠になんらかの不満を抱えているのではないかと思います。

 

実際にそのような「かくれ不眠」と呼ばれる人もたくさんいるのです。

 

参考記事:あなたは大丈夫?かくれ不眠とは?

 

私も慢性的ではありませんが、一時的な不眠に悩まされている時期がありました。
当然眠れないと疲れが取れないので次の日が辛いというのもストレスに感じていたのですが、
なんで眠れないのか理由がわからなかったというのが一番ストレスになっていました。

 

 

例えば、明らかに寝すぎた日の夜とか、昼寝をしたりして前日にある程度睡眠が十分に摂れている状態なら、
眠れなくなるというのも理屈としては理解できるのですが、いつも通りの生活をしていていつも通りの時間に
なって体も疲れている状態で布団に入っているのに眠れないような時です。

 

 

私の場合はこういうことが何回かあったのですが2日連続とかで続かなかったのが唯一の救いでした。
それでも眠れない日の次の日は疲れが取れないし仕事をしていても眠いし起きていないといけない時間なのに
眠りたくてしょうがない気持ちになります。

 

 

不眠の症状は人それぞれだと思いますが変わらないのは「不眠=とてつもないストレス」ということだと思います。
慢性的な不眠の症状が続くようであれば、それこそ専門治療を受けたり、睡眠薬を使って治していくというのも
一つの方法ではありますが、できればそれは最終手段としてそうなる前に不眠を治したいものです。

 

 

ちなみに一時的な不眠の症状によって「今日もまた眠れないかもしれない」という予期不安を感じたり、
「自分はきっと大丈夫」と思っている人ほど本格的な不眠症に近い重度の症状になってしまうそうです。

 

 

なので、ちょっとでも睡眠に問題がある場合は早めに手を打っておくことをオススメします。

 

参考記事:不眠症になりやすい人のタイプとは?

薬を使わない不眠症の治し方について

睡眠薬を使えば比較的眠れるようになるというのは間違いないことなのですが、
副作用の問題や、うつ病が原因となっている不眠の場合には逆効果になってしまうなど、
不眠症を克服して睡眠の問題を根本から解決するという状態にはなりにくい場合があります。

 

 

もちろん睡眠薬を使ったほうがいいケースもありますがまずは薬に頼らない方法を実践してみるといいでしょう。
また、不眠症の改善のために睡眠薬を使えないという状況の人もいると思います。

 

参考記事:産後の不眠症について

 

薬を使わない不眠症の治し方の代表的な例としては生活習慣の改善があります。

 

大きく分類すると、

 

・睡眠の妨げになっている習慣をやめること
・睡眠に良い習慣を取り入れること

 

どちらか片方ではなく両方を取り入れるということが大事になってきます。

 

睡眠の妨げになる不眠症の原因を代表的な習慣というと、

 

夕方以降のカフェインの摂取
スマホやテレビなどのブルーライト
寝る前の飲食(飲酒)
眠らないといけないと思い込むこと
光や音
1時間を超す昼寝
布団に入ってからの考え事

 

 

新たに取り入れるべき習慣というと、

 

起きる時間を一定にして生活リズムを保つ
朝起きた時に太陽の光を浴びるようにする
ストレッチやウォーキングなどの軽めの運動
体を温める(高温のお風呂は逆効果なので、ぬるま湯や半身浴など)
質の高い睡眠に効く食べ物を摂取する(トリプトファン)

 

 

このような、妨げになっている不眠の原因である生活習慣を改善して、睡眠に良いことを取り入れることで
睡眠に対する不満が解消され、質の高い睡眠を手に入れることができます。

 

 

特に最近専門家の間でもよく指摘されているのは、セロトニン不足による不眠です。
セロトニンというのは三大神経伝達物質の一つで他の神経をコントロールして心の平常心を保つ役割があります。

 

このセロトニンが不足していると不眠はもちろん、うつ病のリスクが高くなると言われています。
不眠の他にもセロトニン不足の場合借金を繰り返したりなど同じ過ちを繰り返してしまう人が多いそうです。

 

一時的な不眠や慢性的な不眠の最初のきっかけとなっているのがセロトニン不足ということができるでしょう。

 

新たに取り入れるべき習慣の中の「質の高い睡眠に効く食べ物を摂取する」に大きく関係するのですが、
セロトニンを増やすような食事を積極的に取り入れていくというのが薬を使わない不眠症の治し方としては
一番効果的なのではないかと私は思います。

セロトニンを増やすためには?

実は、先程紹介した新たに取り入れるべき習慣は全てセロトニンを増やすために良いと言われていることです。

 

その中でもセロトニンを作り出すために必要な材料がトリプトファンなのですが、
このトリプトファンは体内では生成できないので食事によって取り込むしかないのです。

 

 

必要な材料であるトリプトファンがなければどんなに他のことを頑張っても
セロトニンを増やすことができないのです。
結果何をしても不眠症や寝付きが悪いという事態が改善できないというわけです。

 

そのため、食事によってトリプトファンを摂取することがもっとも重要なのです。
どのような食材にトリプトファンが含まれているか?というのは
ちょっとウィキペディアから引用させてもらった右側の図をご覧ください。
(参URLhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%97%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3)

 

 

 

こういった食事を意識的に摂取することが薬を使わない不眠症の治し方において鍵を握ります。
しかし、右の図を見てもらえればわかる通り、どれだけ食べればいいんだよ!という話になります。

 

毎日このような食材を揃えて調理をすることができる余裕があるなら別ですが、
おそらくトリプトファンを効率的に摂取する食生活を続けることができる人は少ないのではないかと思います。

 

例えばテレビで健康にいい、美容にいいという食材が紹介されて瞬間的にその食材がスーパーから消えるという現象が
よくありますが、正直こういった食材や栄養分はある程度の期間摂取し続けなければ意味がありません

 

薬とは違いますから2、3日食べて満足しているようでは現状は何も変わらないのです。

 

実はこれは私自身に言い聞かせていることでもあるのですが、続かないんですね・・・
そこでセロトニンを増やすためにどうすればいいのかを考えた結果辿り着いたのがサプリメントです。
とは言っても私が飲んでいるのは普通のサプリメントではありません。

 

セロトニンの材料でもあるトリプトファンを摂取することができるサプリメントはたくさんあるのですが、
その中でもトリプトファンを始め、睡眠に必要な栄養素を多く含み、
コストパフォーマンスに優れているサプリメントがマインドガードDXです。

 

まず、ポイントの一つとしてサプリメントに含まれている栄養素をしっかりと吸収する吸収率です。
マインドガードDXはドリンクタイプのサプリメントで一般的なサプリメントに比べるとその吸収力は250%とも言われています。

 

正直私自身これまでの人生の中でソフトカプセルやタブレットタイプのサプリメントを飲んでいたこともあるのですが、大した効果を感じることができなかったのでやはりドリンクタイプというのは重要なポイントかと思います。

 

それと、他の様々な睡眠サプリメントと比較したのですが、このマインドガードに含まれている睡眠効果のある成分は他のサプリメントと比べると別格と言えるものです。例えば、最近琉球大学の研究でその睡眠への効果が明らかになった沖縄の伝統野菜の「クワンソウ」という植物がありますが、他の睡眠サプリメントがその成分を粉末としてサプリメントに含有しているのに対して、マインドガードDXはエキスで配合しています。

 

このクワンソウエキスというのを作るためにはクワンソウ粉末を15倍濃縮しなければいけません。

 

クワンソウを始めとする睡眠に効果的な成分の配合量が他のサプリメントと比べものにならないのがマインドガードDXなんですね。ちなみにマインドガードDXは厚生労働省の認定栄養機能食品としても認可されています。そういった点も私としてはとりあえず試してみようかなというきっかけにもなりました。

 

睡眠薬のように依存するということはないので、薬に依存したくない、病院に行きたくない、妊婦さんの方など、
自然に睡眠に対する不安を取り除きたいという方は一度マインドガードDXを試してみてください。

 

>>>マインドガードDXの初回お試し割引サイトはこちら<<<

マインドガード

不眠症の治し方と一緒に自分の不眠症のタイプも知っておこう

不眠症というと、なんとなく眠れない、睡眠に満足していないこのように感じている人が多いと思います。定義としてはそんな状態が長く続くことが不眠症なのですが、不眠症には4つのタイプがあると言われています。

 

自分がどのタイプの不眠症なのか知っておくことは改善に向けても役に立つでしょう。

 

@入眠障害(寝付きが悪い)

ベッドに入ってから眠りにつくまでに30分〜1時間ぐらいは寝付けないという人は
不眠症の中でも入眠障害というタイプに分類することができます。
入眠障害は不安や緊張が強い時や考え事をしている時に起こりやすいと言われています。

 

A中途覚醒(夜中に目が覚めてしまう)

眠りについたのにすぐに目が覚めてしまったり、何度も繰り返してしまう、目覚めた後に
寝付けなくなってしまうという人は中途覚醒という不眠症のタイプに分類されます。
日本人には最も多い不眠症タイプと言われていて、年齢が上がる程に増加傾向にあります。

 

B早期覚醒(朝早くに目が覚めてしまう)

本来の起床時間よりも2時間程度早く起きてしまい、そこから眠れなくなってしまう
不眠症のタイプを早期覚醒と言います。

 

こちらは高齢者によく見られる不眠のタイプとなっています。

 

C熟眠障害(眠っても疲れが取れない)

睡眠時間は十分取っているのにきちんと寝た感じがしない、お昼頃に眠くなってしまう、
このような不眠症のタイプを熟眠障害と言います。
この熟眠障害は他の不眠症のタイプと併発しやすいという特徴があります。

 

以上の4種類が不眠症のタイプとなります。
自律神経失調症やうつ病を発症している場合、副交感神経の機能が低下するので場合によっては
昼に眠くなり、夜になると目が覚めてしまう昼夜逆転の生活に陥ってしまうこともあります。
上記の4つの不眠症のタイプに全部該当する場合は自律神経のバランスが崩れてしまっていて
交感神経が緊張してしまい、興奮状態となっている可能性があり、そのままの状態でいると、
不眠症はなかなか改善することはありません。

 

このような副交感神経の機能低下を防ぐために、当サイトで紹介しているような生活習慣の改善や
トリプトファンの摂取によってセロトニンを増やすといった睡眠薬に頼らない生活習慣を心がけることが
不眠症の治し方としてはオススメです。